スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKKをやめてことえりに戻った理由

やめたのは結構前なんですがなんとなく思い出したので。
(SKKって何?という人はAquaSKKのサイトが紹介記事としては比較的熱心というか分かりやすいと思います)

一言で言うと「ことえり>AquaSKK>>>>>>MS-IME」だったからなんだけど

詳しいことは↑のリンク先を読んで貰えば分かりますが、SKKは一般的なかな漢字変換システムと違い、文節や送り仮名の区切りを人力で指定してやるシステムです。ただ、私がSKKを使っていた理由はむしろそこではなく
  • 変換中にユーザー辞書を動的に登録できる
という一点にありました。この点は今でも他のかな漢字変換システムに勝っている点だと思います。AquaSKKのサイトに載っていると思いますが、辞書にない単語を変換しようとするとシームレスにユーザー辞書登録モードに移行してくれるのは非常に便利です。

 ではなぜSKKをやめたのかというと
  • 同音異義語の変換が煩わしい
という点に尽きます。SKKは連文節変換へのアンチテーゼというかそんな感じの哲学が感じられて好きではあるんですが、連文節変換を否定しているがゆえに、たとえば「感じ」と「漢字」のようなどちらも頻繁に使う同音異義語を変換する場合に、文脈からの類推ができず誤変換を連発する結果になってしまっており、不満が溜まってきたのです。
さらに悪いことに、SKKを使っていると一単語タイプするたびにリターンキーを押すように癖がついてくるため、変換候補を出した瞬間に反射的にリターンキーを押してしまいがちになります(私はそうだった)。すると感じ⇔漢字誤変換が起きたことに気づいたときには既に変換確定してしまっていて、イライラしながら再入力…という状況になってしまい、結果として、ことえりで一度にできるだけ長く入力してから変換した方が比較するとストレスが溜まらないということに気づいたのです。
変換確定後も元に戻せる機能はちゃんとあったと思うけど必要なときに思い出せないいつものアレ

もう一つの理由として、Max OS XがSnow Leopardになったあたりから「ことえり」の使い勝手が劇的に向上したことも一因です。辞書.appとの連携も含めたことえりの機能向上の結果、ことえりの魅力がSKKの魅力を上回ってしまったといったところでしょうか。

 色々書きましたが、私はSKK自体は大変優れたシステムだと今でも思っていますし、少なくともWindows/Linux環境の人にはベストチョイスだと信じて疑いません。MS-IMEのクソさ加減はガンジーでも助走つけて殴るレベル
ただ、機械学習も急速に発展している昨今の状況を見ていると、連文節変換がSKKのような(良い意味で)マンパワーに期待するシステムを大きく上回る日も遠くないのではないかという気がします。

それでもSKKには頑張ってほしいですけど。

でもことえりは東方系の単語がなぜか充実してるんだよなーSKKにも東方辞書実装されないかなーチラッチラッ

スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

前世

Author:前世
Tipsとかてきとうに
趣味スクリプト書きだよ。
リグルが大好きだよ。
(元の生息地はここ)

Rユーザー
・Python/Javascript
・Applescriptもたまに書く

りぐる数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。