スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッキー単語帳をHand Computerにするスクリプト(ローカル版)

 前回紹介した単語帳アプリ"クッキー単語帳"を、Hand Computerとして使えるようにするスクリプトを組みました。
 シャッフル機能もつけたので使いやすくなっていると思います。
 PCのローカル環境でなく、Webから直接Dropboxにアクセスして動作するスクリプトも組みましたが、導入が少々面倒なので今回は公開しません。公開するにしても少し手間がかかりそうなので、特に要望等が来なければ公開はしないと思います。

記事の最後にソースコードが貼ってあるので、お使いのPCのDropboxフォルダ内の/Apps/CookieWords/に適当な名前で保存し、Pythonスクリプトとして起動すれば使えるはずです。

 [注意] ソースの頭の方の"/Path-to-your-CookieWords-Folder-in-Dropbox/*.txt"という部分を、DropboxのCookieWordsフォルダへのパスに書き換えてください。

 [注意] 本スクリプトはDropboxに保存されているクッキー単語帳の単語帳ファイルを上書きします。ご使用の際は十分にご注意ください。また、本スクリプトを使用することで発生するいかなる損害に対しても私は責任を持ちません。

 入念にテストをしていないので、以下の使用上の注意をよく読み、イレギュラーな使い方をしないようにしてください。特に箱の命名規則を守ってください。

 使用手順は以下の通りです。
  1. クッキー単語帳からDropboxにエクスポートする
  2. Dropboxの同期を確認してから、PC内の(Dropbox)/Apps/CookieWords/フォルダ内に置いたスクリプトを実行する
  3. クッキー単語帳にDropboxからインポートする

 スクリプトの動作について説明します。
まずHand Computerのルールとして、箱の名前を"名称@番号"としておいてください(下図参照)。覚えていない単語の入る箱ほど番号が若くなります。
クッキー単語帳のリスト設定

この中の"英単語@2"の中身を見てみます。
英単語@2
  • この状態でスクリプトを起動すると、単語カードが次のように移動します。
    • 薄暗くなっている単語(正解した単語。以下、暗記単語)は"英単語@3"に
    • 白くマークされた単語(間違えた単語。以下、ミス単語)は"英単語@1"に
  • 移動後に単語の暗記/ミスフラグは初期化されます。
  • また、全ての単語カードの並び順がランダムにシャッフルされます。
  • "@"の前の文字列を変えれば、独立したHand Computerフローとして扱われるため、教科別に分けるような使い方ができます。
  • 名前に"@"が含まれない箱には何もしません。
 上図の"英単語@0 - Inbox"のように、0で始まる箱は例外的にInboxとして取り扱われます。Inboxは一方向性で、下流の箱から単語は上がってこないので、とりあえず単語を放り込んでおいて、多少吟味してからHand Computerに組み入れる、といった使い方ができます。1からスタートするように名前をつければInboxはないものとして扱われます。

スポンサーサイト

テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

前世

Author:前世
Tipsとかてきとうに
趣味スクリプト書きだよ。
リグルが大好きだよ。
(元の生息地はここ)

Rユーザー
・Python/Javascript
・Applescriptもたまに書く

りぐる数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。